FC2ブログ

増税前に新築を!

ど~もこんにちは。最近斎藤さんや
新しく入社した上林君が自分よりとっても良いブログ記事を
書いてくれるのでそろそろ自分ブログ書かなくていいかなと
思い始めてる建設部の菊地です。








ウソです。たまにはちゃんと書きます(笑)






 さて、今回はこれから新築を建てる方には大いに関係する内容を
書きたいと思います。
 2019年10月から消費税が10%に上がると話題になりましたね。
道具や食品等ももちろんですが、当然新築も該当しています。
原則では2019年の10月1日までに完成・引渡 (手続きも含む) を
終わらせていれば建築費の消費税は現状の8%で済みます。
それ以降の場合ですと消費税は10%になってしまいます。

つまり、急かすような書き方になってしまいますが
来年の10月1日までに完成させないと
必要以上に税金を支払わないといけないため、
早めのご検討が必要になってきてしまいます。
 


ですが!実はこの消費税10%に増税に関して
新築の部分のみで掘り下げていくと、
いくつか特殊なパターンがあるそうなので
今回それをご紹介します。
いま新築を考えてて下手したら来年の10月に完成が
間に合わないかも!というそこの方!まだチャンスがありますよ!



パターン①
新築の契約を増税前の6か月前以内に行い、手続きを含めた
引渡を2019年の10月1日以降に行った場合
(もちろん2018年現在に契約をした場合も含む)
パターン①
これらは8%で済みます。契約済で現在建築中の方、
既に契約済でこれから着工する方はほぼ大丈夫ですね。
もちろん2019年の10月1日より前に引き渡しが終わってても8%に該当します。

パターン②
増税前の6か月前以降に契約を行い、
手続きを含めた引渡を2019年の10月1日より前に完了した場合
パターン②
いわゆる駆け込みですね。こちらもすべり込みセーフで消費税は
8%で済みます。ただし、工期がかなり限られているので
打合せは迅速かつ丁寧にやらないといけなくなります。
契約後から引渡までは割とバタバタしそうですね。



問題は次。




パターン③
増税前の6か月前以降に契約を行い、
手続きを含めた引渡を2019年の10月1日以降に完了した場合
パターン③
この場合は残念ながら消費税が10%の対象になってしまいます。
2019年の4月1日・10月1日という日付がかなり重要になってきそうですね。


 と、いうわけで増税前に新築を建てたい!という方で
消費税10%をなんとか回避したい!という方は
パターン①・あるいはパターン②のどちらかで建てる必要があります。
パターン①の場合2019年の4月より前に契約を、
もし契約が4月1日を過ぎてしまってもパターン②のように
10月1日より前に引き渡し出来れば間に合うわけです。


消費税の差額
 たかが2%?確かにそうかもしれませんが新築はどんなに少なくても
1000万以上のお買い物。仮に1000万としてもそれの2%は20万。
とても安い数字ではないですよね。それなら早めに建てて
その2%を家具や住設のグレードアップに使った方が
有益なのを考えたらされど2%ですよね!


 と、いってもまずどんなのを建てよう?から始まると思うので
まずは当社のモデルハウスへご来場ください。
実際に建てたものを見学できますし、これから建てるにあたって
気になることをスタッフがお応えいたします。
今週末もモデルハウスを予定しておりますので、週末の
更新情報をお待ちください。 皆様のご来場お待ちしております。




かな~り長くなってしまいました!ではでは~


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する