FC2ブログ

キッチンについて

こんにちは、本間です。
今回は前々から書いてたキッチンについての
総まとめということでいってみたいと思います。(上手くまとまる気がしない・・・)

まず前回の内容はこちら。というわけで
今日はダイニングとのつながり方での分類について書いていきます。
①オープンキッチン
②セミオープンキッチン
③クローズドキッチン
の3種類について書いていきます。

1.オープンキッチン
これは、簡単に言うとキッチンが壁などで仕切られることなく
リビング・ダイニングとつながっているものです。
(アイランドキッチンや、ペニンシュラキッチンなどなど)
例を写真で載せてみます。
オープン コラ
メリット
開放感がある。配膳がスムーズ。周りがよくみえる
デメリット
音・匂いがダイニングなどに伝わりやすい。
あとは周りがよくみえるということは、周りからキッチンは丸見え!
ということですので掃除は少し大変な気がします。
2.セミオープンキッチン
これは①のような形のキッチン前面部にカウンターや壁(腰壁)を設置
また、キッチン上部に吊戸棚などが設置されたりしているものです。
個人的に、対面キッチンと聞くとこの形が一番に思い浮かびます。
腰壁あり セミオープン
メリット
手元が隠せる。多少キッチンが散らかっていても見えない
デメリット
①に比べると開放感は劣る。
セミオープンのセミには半分という意味がありますので
オープンキッチンのメリットである 開放感は半減しますが
その代わりデメリットであるキッチンが周りからみえてしまうというのも
しっかり半減させてくれてますね。
3.クローズドキッチン
これは独立型キッチンとも呼ばれ
通常、三方を壁に囲まれ一方に出入り口があるものです。
クローズドキッチン
どちらもキッチンが独立した空間になっています。
写真上はⅠ、下はU型ですが、ずいぶんと雰囲気が変わりますね。
メリット
料理に集中できる。
キッチンが散らかっていても他のかたちよりみえない。
匂い・煙が広がりにくい。
デメリット
コミュニケーションがとりにくい。
(小さいお子様がいる場合は不安かも・・?)
夏場は、熱気がこもりやすい


これまで、長ったらしく書いてきましたが
毎日家族のためにご飯をつくる大事な場所ですから
当然ながらこだわりたいですし綺麗なキッチンを
保つために手入れも惜しまないと思います。
ですが、毎日綺麗にしていたいからこそ
手入れが楽にできるに越したことはないですよね~。
メリットデメリットは各々ありますし、
これを言ってしまうと身も蓋もないですが
結局のところはライフスタイルに合わせた形が一番です。
種類もたくさんあり、悩んでしまうこともあると思いますが
何かの参考になればよいと思って書かせていただきました。
次もまた住宅のことについて書いていくつもりなのでよろしくお願いします。
 
それでは今日はここで失礼します!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する