太陽光発電☀

こんにちは、斉藤です。

先週4月7日(土)・8日(日)にアグリアリーナにて開催された
「トータル新築リフォームフェア」へ足を運んでくださった
お客様ありがとうございました!!
おかげさまで大盛況でした!
私は今年、2日間とも参加していました。
昨年は、ブースに来ていただいたお客様に
お茶出しをするので、いっぱいいっぱいでしたが
今年は、自分から積極的にお客様に話しかけることができたので
少しは成長できたのかなと思います。
これからも少しずつかもしれませんが、成長し続けられるよう
頑張っていこうと思います。

話は変わりまして・・・

前回書いたブログに、RERUD北海道で新規事業が始まったと
書いたのですが、その規格住宅で「太陽光発電」が使用されています。

知っている方も多いかと思われますが・・・
まずはじめに、太陽光発電とは
太陽電池というものを用いて、太陽光を直接電気にかえる方法です。
今は小学校の授業でも習いますよね!!
私も理科の授業でソーラーパネルを使ってラジコン??を
作った記憶があります🚙
そんな身近に感じるソーラーパネル(太陽光発電)の
魅力を今回は紹介していきます!!

魅力その1 光熱費が安くなる
太陽光発電システムを導入することで家庭内で使用する電気料金を
大幅に抑えることができます。
発電量が使用量を上回っている間は電気代は一切かかりませんが、
夜間や日射量の少ない時には発電量も減少するので
必要な分だけ電気会社から購入たものを使用するので
夜間電力が安くなるプランにするなどの工夫をするといいかもしれません!

魅力その2 環境に優しい
一般的に電気は発電所でつくられ、各家庭に届きます。
しかし、東日本大震災のときにもニュースでたくさん目にした
放射能リスクのある原子力発電をはじめ様々な発電方法は
資源が有限なもののため、問題を抱えていますが、
太陽光は無限のエネルギー資源なので二酸化炭素を発生させません。
そのため、クリーンなエネルギーを生活に利用することができます。
さらには、地球にやさしい「低炭素社会」も実現できるのです。

魅力その3 余った電気は売電
昼間に太陽光によって発電しますが、
そのすべてを家庭で使い切れないことがあり、
電気が余るということもあります。
それを電力会社が買い取ってくれる制度があります。
余剰電力(余った電気)を多くして売電することによって、
売電収入が家計に入り、魅力その1でも書きましたが
全体的な光熱費を軽減することにつながります。

今回は3つの魅力を紹介させて頂きましたが
まだほかにも魅力はあります。
また、反対にデメリットももちろんあります。
もっと詳しく知りたいな~と思ったり
家を建てるときにつけたいんだけど・・・
というお客様がいましたら、お気軽にご相談ください。

昨日、今日と天気がよかったですが
週末は雨予報となっています。
ですが、来週は20℃を超える日もでてくるようです!
気温差があったり、まだインフルエンザも流行っているようなので
体調を崩さないように気を付けましょう⚠

今回はここで失礼します!!

それでは!!